ダメリーマン日記。

31歳アラサー。そして安定の低スペック(独身・友達少なし(いないに等しい)・収入少なし・ネガティブ・根暗・人見知り)。更に磨きをかけて無気力無関心な男の日々を正直に綴る。

2017年1月 今月の家計簿

人生初の一人暮らしを先月中旬から始め、今月は丸々1ヵ月1人暮らしをした初の月である。

さてどうなったかというと。

 

収入

  • 総支給額 309,224円
  • 手取り  221,025円(会社までのバス代も含む)

 

支出

  • 食費 16,566円(内3,066円は会社の弁当代)
  • 交際費 20,724円(内1万は妹への成人祝い)
  • 交通・通信費 15,295円(内スマホ代7,993。やり過ぎた・・・)
  • 家賃 61,332円
  • 日用品 4,455円
  • 医療・衛生費 1,560円
  • 水道・光熱費 2,615円(ガス代は1500円未満のため、来月に2ヵ月分まとめて請求らしい)
  • その他 4,782円
  • クレジット引き落とし 17,869円(服や靴を買ったはず・・・)

以上、支出合計145,198円也。

 

今月の貯金額

  • 収入 221,025円
  • 支出 145,198円
  • 差引 +75,827円

さてさて、今月の貯金額はというと+75,827円に。そこから毎月50,000円ほど投資信託へ積み立てを行っているので、最終的に25,827円が手元に残った。

 

総貯金額

  • 銀行口座 21,127,958円(4つ持ってる金融機関口座の合計)
  • 手持ち 66,928円

合計21,194,886円也。

低収入の割にこれだけ貯金できたのは実家暮らしであったこと、金の掛かる趣味がないこと、車を持っていないこと、たばこ・ギャンブルを一切やらないことが功を奏した。

 

投資信託

 セゾン投信で去年の7月より毎月5万円の積み立てを始めた。

  • セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 351,262円
  • セゾン資産形成の達人ファンド 187,246円

合計538,508円。内含み益38,508円也。(1月29日現在)

 

総括

今月の給料は異動前の夜勤時代の給料+資格を取得した報奨金込みでこの金額になった。

支出ではやはり家賃代が痛い、新築は良いが陽当たりの悪さ、6畳も無い居間の狭さが際立ってくる。急な異動で会社が決めた様なものだが、やはり自分で住む場所は自分で時間を掛けて見つけたいものだ。2年後の更新時には2万円近く安い物件を探して引っ越そうと思う。この収入で毎月6万も出すのが馬鹿馬鹿しく思えてきた。

 

来月は恐怖の日勤+残業代無しの給料が振り込まれることが確実で、手取りで17万前後と予想する。これは入社して以来、過去最低の収入となる。

そして来月は会社が立替えてくれていた、引越し関係の諸経費と12・1月分の家賃料がまとめて差っ引かれるし、クロスバイクやらをクレジット払いしていたのでその引き落としもやってくる。軽く12万円以上の赤字が決定している。その赤字幅を少しでも縮められるようにしなければ。

 

来月の予算割り振り

大雑把に。

  • 食費(会社の弁当費込み) 20,000円(弁当発注を週5→週3に減らそう)
  • 光熱費 5,000円
  • 交通・通信費 9,000円(バス代は会社持ち、会社への行きはバスを使うが帰りは歩いてその分を懐に入れよう。)
  • 雑費 5,000円
  • 実家帰省費 5,000円(なるべくは毎月帰りたい。交通費土産代込み。)
  • 交際費 10,000円(数少ない友人と。大体は飲みになる。月2は誰かしらと遊びたい。)